スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
純米大吟醸
2006 / 05 / 03 ( Wed )
息子の初節句にいただいたお祝いのお返しに、お酒でもと思い買いに行った。予算は1万円前後。
1万円前後のお酒といえば、やっぱり定番は久保田の万寿か碧寿だろう。ちょっと安くて八海山かな。越の寒梅はなぜかあまり飲んだことがない気がする。
でもこの定番、相手によっては「またこれか」になってしまうこともあるので注意が必要。
特に会社で上のほうの地位の人、や、退職した人なんかは、お世話をした人などから事あるごとにお酒をもらっている場合がある。
今回のお返しの相手というのが、まさにこのタイプ。
久保田では、またこれか、なんて思われかねない。贅沢な話だが。
そこで思い出した。かつて喜多方で飲んだ凄旨なお酒を!その名も「いのち」。いやこれ、試飲だったんですが凄絶に美味しかった覚えがあるんです。
でも、残念ながら売ってなかった。おかしい!以前はあったのに。
そして悩んだ結果、地元茨城は友部の須藤本家「郷の誉」純米大吟醸に決めた。地元のお酒では、私の中で3本の指に入る逸品です。
今日はそのほかに、「阿字ヶ浦」と名が付いた本格芋焼酎も買った。
茨城はさつまいもの生産鹿児島に次いで全国2位だから芋焼酎造れば美味しいはずだとはこのブログでも口すっぱく言ってきた(笑)わけですが、今回の阿字ヶ浦は、さつまいもの中でも「紅あずま」という食用の芋を使っていて、茨城はその品質が日本一と言われているものだという。楽しみ。
060503-234540.jpg

スポンサーサイト
23:51:57 | MITO PRIDE | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ミロールの生パイ | ホーム | 初鰹>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mitopride.blog28.fc2.com/tb.php/130-25039b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。