スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
大山鳴動鼠一匹
2006 / 02 / 14 ( Tue )
「大山鳴動鼠一匹」(たいざんめいどうねずみいっぴき)

山が大きくうなりを上げ、揺れた。
一体何が起こったのか、何が起こるのか。
一目見ようと各地から人々が集まった。
何か恐ろしい大災害が起こるのではないか…。
人々は固唾を呑んで見守った。

しかし、出てきたのはねずみ一匹だけだった。

紀元前ギリシャ:ホラティウス

私恥ずかしながらこの諺初めて聞きました。今まで知りませんでしたねー。なるほど、面白い言い方ですね。ねずみってのが皮肉にもなりますか。
この紀元前の文章、前後がどういった文脈なのかわかりませんが、大騒ぎする人ってのはいつの時代もいるんですね。人間は変わらないもんです。孔子らの言葉ひとつみても、まったく今の自分にも当てはまることばかりですもの。知識の量は増えても、それが内面に向けられないと意味がないのでしょうか。現代は溢れる情報に表面だけで精一杯。昔の人ほど、内面を鍛える術に長けていたのかもしれません。思うに、例えばスポーツでも、がむしゃらに練習するだけでなく、一日中山奥で座禅でもして、内面を見つめなおすと、はるかにレベルアップできる、そういうことがあるかもしれませんね。
おっと、話が大分反れました。
大山を鳴動させたら、それなりのものを生み出したいものです。
スポンサーサイト
20:00:19 | 水戸・ひたちなかエリア | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<またSC | ホーム | 偕楽園臨時駅・・・>>
コメント
--こんにちは(≧∇≦)/--

http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/で紹介されていたので、見に来ました。またきますネ。(^^)
by: RIN * 2006/02/14 20:14 * URL [ 編集] | page top↑
----

相場の格言にも使えそうな言葉ですね。
by: くま * 2006/02/14 21:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mitopride.blog28.fc2.com/tb.php/78-30ebbe69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。