スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
余裕を持って
2006 / 03 / 09 ( Thu )
余裕を持って仕事をする
力の抜きどころがわかる

これらは人生の大部分を覆う仕事というノルマを快適にこなすうえで非常に大切なことだと思う。しかもそのポイントは絶対的ではいけない。相対的・普遍的に「力の抜きどころ」であることが要求される。

1から10まできっちりとやる人もいる。自分には出来ないし、立派だと思う。でもそれは時間ばかりかかってしまい、見ていてもどかしい。個々は完璧でも、残念ながら仕事が出来る人とはいえない。いつまでやってんだ、と。

力の入れどころ、抜きどころ

注意しなければならないのは、抜きどころを探してしまうこと。
抜きどころを探すゆえに、入れどころに集中できない。
抜きどころで力を抜く、それは入れどころで完璧に力を発揮することが大前提だと思う。どちらに主体を置くか、これは大きな違いであり、傍目に見てもその差は歴然とし、その人物の評価にも直結する。抜きどころを探すと入れどころがどうしてもいやいやになる。入れどころに集中すると抜きどころでは気分転換になる。

ここ数ヶ月、前代未聞の忙しさを経験して、自分としていつの間にか力の抜きどころを探してしまっているのではないかと気がついた。毎日を懸命に過ごしているのは変わらないが。単純なこと、基本的なことかもしれないが、1、2年で終わる受験勉強とは違うのだから、こういうことを正確に理解して実行し、慣らしていくことが必要かもしれない。
スポンサーサイト
23:04:20 | 言葉の力 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<茶の間 | ホーム | 音楽にうっとり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://mitopride.blog28.fc2.com/tb.php/93-81d2469f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。